読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リリースノートとか読みたい

気になるジャンルのリリースノートを毛虫並みの英語力で勝手に翻訳します

Visual Studio Code リリースノート

これを翻訳する人と悔しがる人が知り合いにいるので、がんばります!

1.7.2 Recovery Build

Visual Studio Code October 2016 1.7

We are releasing 1.7.2 today which includes a new version of the TypeScript Server (to 2.0.10). The update to the server will re-enable the Automatic Type Acquisition (ATA) feature by default for JavaScript users. This feature greatly improves the IntelliSense in JavaScript projects and removes the need to manually install TypeScript declaration files (.d.ts files). This feature is powered by a query to the npmjs service to retrieve relevant declaration files for used modules. More details in relation to this feature, including details on how to disable it are included in the relevant section of these release notes.

The 1.7.2 release also adds the final 1.7 translations and fixes several important issues.

TypeScript Server(2.0.10用)の新しいバージョンを含む1.7.2を今日リリースする。
このアップデートは、JavaScriptユーザのためにデフォルトでAutomatic Type Acquisition (ATA)をサーバに再び可能とする。
JavaScriptプロジェクトにおけるインテリセンスを大幅に改善し、TypeScript宣言ファイル (.d.ts files)を手動でインストールする必要がなくなる。
使用しているモジュールの宣言ファイルに関連するものを取得するために、npmisサービスへのクエリを使用する。
これを無効にする方法を含む、この機能に関連する詳細はリリースノートの関連するセクション内にある。
1.7.2リリースは1.7の最終な翻訳の追加と、いくつかの重要な問題が修正されている。

1.7.1 Recovery Build

Visual Studio Code October 2016 1.7

We are releasing a 1.7.1 recovery build to disable the automatic JavaScript typings file acquisition feature. We need to tune the acquisition to avoid unnecessary load on the NPM registry and we're working closely with the TypeScript and npmjs.org teams. We expect to enable this feature in a future release.

If you're curious about the details, you can read our blog post describing the event and NPM and VS Code's mitigations.

Javascriptタイピングファイルを自動で取得する機能を無効にする、1.7.1リカバリビルドをリリースする。
NPMレジストリへの不要な負荷を避けるために取得方法を改善する必要があり、我々はTypeScriptとnpmis.org各チームと密に協力している。
将来のリリースでこの機能が有効になることを期待している。
もし詳細に興味があるなら、イベントとNPMとVS Codeの緩和について記述されたブログのポストを読んでほしい。

今日はここまでー

これもmapserverと同じで、1.7全体のリリースノートは翻訳してしまいたいところ。